スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町会議員選にいってきた

こんばんは みなさん

本日町会議員選仕事が終わってからいってきました。

我が町の町会議員立候補者13名

その内共産党4名 公明党2名

前々から我が町は共産党が力を持っているとは聞いていましたが、まさか4人も出ているとは想定外でした。

ちなみに町会議員選に投票しにいくのは初めてです。

まぁ18歳で自衛隊に入るために町を出て23歳になって町に帰ってきてますからしょうがないのですが

しかし今回の選挙は義務だから投票を行っただけで別に町レベルの政治にそこまで興味はありません

前にも語ったと思いますが私が利用する行政システムはたかがしれてますし(ゴミの収集ぐらいかと水道関係ぐらいか?)

そもそも財政破綻寸前でそんな大きな事が出来るわけがありません

とりあえず愚かな事さえしなければ別に誰でも良い

ですので今回は近所の人に勧められた無所属の人に投票しました。

まぁ共産党、公明党以外だったら別にどこでもいいと思うのが本音ですがね
スポンサーサイト

民主党のマニフェストが出たようなのでまとめてみました

こんばんは みんさん

一昨日民主党のマニフェストが出たようなのでどのような物があるかまとめてみようと思います

今回の民主党マニフェスト
・1人当たり年額31万2000円の子ども手当創設
・公立高校の授業料は10年度から無償化し、私立高校生には 年間12~24万円を助成する
・ガソリン税など暫定税率を10年度に廃止し、2.5兆円の減税を実施
・高速道路無料化は 10年度から段階的に始めて、12年度に完全実施。
農家への戸別所得補償は11年度から行う。
・靖国問題:靖国(Yasukuni)神社に代わる、首相や閣僚なども公式に参拝可能な無宗教の国立霊園の 建設に取り組む。
・死刑制度:死刑制度をめぐる国民的議論を進める。
・成人年齢:現行の20歳から18歳に引き下げることを目指す。
・二重国籍:二重もしくは複数国籍を認める方針。
・捕鯨:適切な管理下で商業捕鯨を再開することを目指す。調査捕鯨は国際ルール上の日本の 権利との立場。
人権侵害救済機関の創設
通信・放送を総務省から分離(マスコミが民主党に手を出さない理由1)
などである

また今回マニフェストには入っていないが
電波料の大幅減額(マスコミが民主党に手を出さない理由2)
・国会図書館に過去の日本の「罪」を追及する恒久平和調査局を設置
・慰安婦に謝罪と金銭支給を行うなど 慰安婦問題への取り組み
・教員免許制度を
抜本的に見直す」とあるが、「これは日教組の運動方針に沿って安倍晋三内閣で成立した教員免許更新制を廃止 するという意味」
・外国人参政権
・沖縄ビジョンで3000万人の移民
なども挙げられており、特に後者にいたってはどこの国の政策か分からないものばかりである。

また民主党は公務員の給与削減を行うと言っていますが、支持地盤である自治労を敵に回すわけでもなく、地方公務員からの削減は無く行われるのは国家公務員のみであるらしい

またさすがに財源に不安があるのか消費税についても民主党、これまで一貫して主張していた「消費税議論の4年凍結」を撤回としておりあれだけ自信を持っていたのがこの様だよ。 

なによりもこの事をTVで放送しろよ!!

党首討論 pat2

こんばんは みなさん

今回また党首討論がありました。 
前編

後編


正直、もう突っ込むのも疲れた。

鳩山よ、お前の夢物語はどうでもいいから政策に対しての具体的な財源と方法を述べてくれ

前回も言ったかもしれないがマスコミはこれがどうやったら民主党側の圧勝といえるのだ?

あと今度党首討論を放送するときは2100ぐらいにノーカットで流してくれ

頼むよ

党首討論?いいえこれはパロディです。

こんばんはみなさん

今まで散々逃げ回っていた民主党があきらめたか党首討論に応じたみたいです




これは討論? いやこれはコントだろ

お茶の間に流したら笑いが取れるぞ

友愛(笑) ボランティアで社会が回ると?

麻生に具体的な政策を求め自分は理想論を語る

麻生「歴史的な大不況、経済危機の最中、具体的にどう対応するかが問われている」
鳩山「僕はみんなが幸せになれる社会を作りたいんだ!」
何考えてるんだこいつ

そして正論を答えられると否定から入り上から目線からなどと難癖を付ける

自分から西松建設の話題を振りながら同じ話題で返される

小沢の説明責任、その後の人事に突っ込まれ逆ギレする

そして終始涙目

最後に鳩山が
何かね、意味のない答弁を長くされて時間だけつぶされて、これで党首討論だといわれたら、
もったいないですよ、国民の皆さんに。本当に残念でなりません。
結局、皆さん方の考え方は官僚に依存をして予算を組む。しかし、ほとんどが借金だと。
借金で、これはやっていられないから、2年後には消費税の増税だと。
そんなメチャクチャなですね、予算を組むような政府には
早くご退出を願うように私ども全力を尽くしてまいりたいと思います。
まず国民の皆さま方が新しい政治を起こすために協力をしていただいて、
そのことで誇りに思えるような国をぜひ作っていきたいと思いますから、
これからもどうぞ党首討論、存分にやろうじゃありませんか。終わります。

と言うのですがその後麻生が

あの、一言だけ。今後のこともありますので、一言だけお答えします。
答弁が長すぎるというお話でしたけれども、これは討論であって、答弁ではありませんので。
今後とも討論をさせていただく上には、答弁を求めるというようなかたちではなく、
討論を申し込んでいただくようにお願い申し上げます。

と落とされます

まさにギャグ以外のなにものでしょうか?



今回の郵政見直し報道について私なりにまとめてみた。

ごきげんよう 皆様方

まずこちらの動画をご覧ください


まとめてみますと
当時総務大臣だった麻生は郵政民営化を担当していた。
麻生は郵政民営化に反対だった。
その後小泉により郵政関係から外された。
郵政担当大臣は竹中だった
最後は説得され
その際3年に1度の見直しで妥協し渋々同意
というわけらしいです。

麻生自身郵政を国営化に戻すとは一言も言っていません。
郵政民営化の見直しは法律に含まれています。 今回急に言い出したわけではありません。
麻生「私は担当大臣じゃない」麻生は首相であり現郵政担当大臣は他にいます。

この事を忘れないでください。 
TVでマスコミが報道している内容はのカットと繋ぎの連続だとノーカット版を見た後思いましたよ。

今日の出来事 ひとりごと

more...

西川京子議員が語る 真実の報道をしない今のメディア


現在のマスゴミがどういうものかというのを物語っています。

ダボス会議における麻生総理大臣特別講演 「私の処方箋 ~世界経済復活に向けて~」

こんばんは みなさん

ニコニコより面白い動画が手に入りました。マスゴミがカットしていない首相の声をお聞きください



私が知らなかった事を抜粋(首相官邸HPより

・アフガニスタンでは、元兵士約6万人の武装解除と社会復帰を実現
・のべ4千万人へのワクチン供与と50のクリニックへの機材供与
・500以上の学校の建設・修復と1万人の教師育成、30万人の識字教育を行う

・パレスチナのガザ地区では、日本は、紛争発生後速やかに1,000万ドル規模の緊急人道支援を行い
・23日には毛布等、我が国の備蓄物資を供与しました
・長期的な取組として、ヨルダン川西岸地区のジェリコに、「平和と繁栄の回廊」として農産業団地を開発すべく、イスラエル、ヨルダン、パレスチナ自治政府と話し合い、当事者間の信頼醸成を図り、今プロジェクトを進行させつつあります。

これを聞いただけでも誇りある日本人で良かったと本気で思えました。

これからも9月まで首相には頑張っていただきたいと思います。





2次補正予算の実態

こんばんは みなさん
ニコニコ動画にうpされた 2009.1.29 国務大臣の演説に対する質疑(代表質問) - 細田博之

この動画で補正予算と来年度予算でどのような政策をするかを細田議員が詳しく説明しておりいくつか抜粋してみました。

・公的資金による中小企業への貸付
中小小規模企業対策は2次補正予算で現在約5兆円の公的金融による公庫貸付規模を3倍以上の30兆円規模に拡大

・住宅減税
来年度税制財政には過去最大の住宅ローン減税もりこまれ、住宅ローン減税最大控除可能額を耐久耐震等の長期優良住宅なら最高で600万円、それ以外の一般の住宅でも最大で500万円まで引き上げる減税処置 現在の最大150万円を約3倍引き上げています。
 
所得税だけでなく個人住民税からも最高年間十万円弱まで減税できる新たな処置も盛り込まれておりたとえば年収550万円で年間の所得税が10万円の方の場合いままでは所得税の十万円しか減税されませんでしたが個人住民税と合わせまして年間20万円現行制度おおむね2倍の減税が可能となります。

第2に今回の税制改正案では新たな支援措置が取り込まれており省エネやバリアフリーでも優れた住宅を所得する場合自己資金で買う場合でも最高で100万円の減税をじっししています。
1年で控除しきれない場合は翌年も減税されるという手厚い

第3にリフォーム減税でありまして、環境や高齢化に対するリフォームをすれば住宅ローンの有無にかかわらず工事費200万円を上限にその10%を減税するといった今までにない新たな措置がもりこまれている。
さらに住宅の省エネ改修に合わせまして太陽光発電パネルを設置する場合には上限を300万円に引き上げるという画期的なものであります。

・自動車の減税
自動車につきましては3年間時限措置として低公害車を購入した場合の自動車重量税と所得税を50%から100%減免。
ハイブリッド車を購入した場合には重量税、所得税共全額免除 車種と価格によって異なりますが、3万円から33万円安くなるのであります。

企業に対する減税
企業に対する減税として中小企業への減税については法人税の期限税率22%が18%に2年間引き下げられます。

また赤字になった中小企業が前年度に収めた法人税を還付する制度をつくります。

さらに全ての法人について海外子会社からの配当が非課税とされるのであります。

証券税制については上場株式の譲渡益配当に対する10%の優遇税率が3年間延長されます。
3年後本則税率の20%に戻す場合には総額500万円の新規投資を非課税とする総額投資優遇も導入される事になっております。

減税だけでもこれだけの事が2次補正予算にはいっています。

他にも雇用対策、地方自治体のインフレ整備、公立病院の医師不足対策、子育て支援の環境整備、妊婦検診14回無料化、等々の政策も含まれています。
マスコミで2次補正予算の話をするときは定額給付金の話しかしないので知らない人も多かったでしょう。
私も、この動画を見るまでここまで幅広く政策が行われるとは思いませんでした。
もちろん家族も知りませんでしたし、むしろその事を話したらかなり驚いており、TVではそのような事は一つも言っていなかったと言っていました。

しかしこのような政策も民主党が参議院決議を無駄に遅らせているためにしばらくはできないのでしょう。

皆さんも2次補正は給付金のためにあるのではなく日本経済の回復の為にあるというのを忘れないでください。






 
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。